ズボラダイエットの部屋

世界一めんどくさがりの私がたった三週間でウエスト-12㎝くびれ痩せ極秘ダイエット術

バナナダイエットの効果と注意点

ダイエットに関して調べる際
バナナダイエット
を聞いた事が無い人は


いないのではないでしょうか。

f:id:seiichikkk:20171221022001p:plain

 


2000年代に爆発的に
有名になった方法です。


バナナダイエットは
実際に効果があるのでしょうか。


その効果と注意点について
まとめてみました。

 

 

目次


バナナダイエットとは

その名の通り


1日の食事のうちのどこかを
バナナと水に置き換える


というとてもシンプルな
内容です。


栄養が豊富なバナナは
カロリーが高いという
イメージがありますが


ダイエットには最適な
食べ物の1つなのです。


実は1本あたりの
カロリーは80キロカロリー
しかありません。


置き換えダイエットに
向いている食品です。

 

栄養素 成分量 効果
ビタミンB1 0.05g 疲労回復、消化液の分泌を助ける
ビタミンB2 0.04g 健康な肌や髪を作ってくれる、肌の新陳代謝を上げる
ビタミンB6 0.38g 肌荒れを予防する、肌の潤いや弾力を保つ
カリウム 380mg 利尿作用がありむみを解消する
マグネシウム 32mg 歯や骨の形成を助ける、カルシウムの吸収促進
ポリフェノール 肌の酸化を予防する
食物繊維 1.1g

コレステロールを抑制する、便秘を予防する

 

一般なスーパーで売られている
バナナ1本あたりのカロリーは


80キロカロリー


栄養素も炭水化物や
脂質の代謝に利用される


ビタミンB1、B2、B6、
ナイアシンなどの
ビタミンB郡や、


食物繊維・カリウムなどの
ミネラルとポリフェノールなど


ダイエットする上で
注目される成分が
豊富に含まれているので、


栄養豊富で重宝されている
わけなのです。

 

上手く行かない原因は?

 

 

朝食でバナナダイエットを行う
場合は、昼食と夕食は


普通どおりに好きなものを
食べて良いという点が、


続きやすいダイエットとして
大きな魅力です。


しかし、普段通りだからといって、
朝がバナナだけなので


昼食や夕食を多めに食べてしまう
せっかくバナナで減らした
カロリーが元戻ってしまいます


多くの方がバナナダイエットは
上手く行かないという原因は
ここにあるのです。


バナナを食べれば
他は何でも食べてOK
という訳ではないのです。


また、ビタミンB1やナイアシンは
糖質や脂質の代謝を
助ける働きをしますが、


多く摂取したからといって
脂肪燃焼が増えるわけではありません


あくまで


トータルのバランスが
重要になってきます。


おススメなのは1食の食事を
400キロカロリー以内
抑えることです。

 

バナナに含まれるシュウ酸という成分が
体内に増えすぎると


尿路結石になる危険性があります。


この危険性は、毎日バナナを


4本以上食べ続けると
高まりますので、


一日のバナナの摂取量は1~2本
までにしたほうが無難です。


それから、バナナにふくまれる
成分にカリウムもあるのですが、


こちらも摂りすぎると
高カリウム血症という
疾病になる恐れもあります。


何でも過剰摂取は
身体に良くないという事ですね!

 

 

まとめ

 


バナナダイエットは
効果が無い!痩せない!


ネットの掲示板などで
そのような意見を見ますが


それはバナナに問題が
ある訳では無く


3食のトータルの
カロリーに問題があった
だけのケースが殆どです。


バナナは安くて
栄養価も高い食材です。


食事制限を取り入れようと
考えて居る方がいれば


やってみる価値は高そうですね!