ズボラダイエットの部屋

世界一めんどくさがりの私がたった三週間でウエスト-12㎝くびれ痩せ極秘ダイエット術

無酸素運動とは

あなたは有酸素運動と
無酸素運動の違いを理解していますか?
ダイエットの運動方法の違いとして

 
この二つを理解していないと
思ったような効果が得られない、
間違った運動をしている事があります

 

f:id:seiichikkk:20180105162601j:plain

 


なので今回は無酸素運動について
どのような運動が無酸素運動なのか
どんな効果が期待できるのかについて

 
詳しく書いていきたいと思います

 

 

目次

 

無酸素運動とは

 

 

無酸素運動とは

酸素を必要としない
激しい運動の全般を言います
とは言え


全く酸素を必要にしないかと言うと
そうではなく多少なりとも
呼吸はしているので


完全なる無酸素状態ではないです。
 

酸素を使って
糖質や脂肪からエネルギーを得る
有酸素運動とは違い、


糖質だけからエネルギーを補う
割合が高いのが無酸素運動です

 
無酸素運動は短時間に
強い力が必要になる運動で


短距離走や
ウエイトリフティングなどが
代表的な無酸素運動に上げられます

 
短距離走やウエイトリフティングの
オリンピック代表者はムキムキに対して


マラソン選手や
ロードレース選手は比較的
痩せていてすらっとした人が多い


という印象がないでしょうか?


短時間に強い力を必要とする
運動は脂肪からではなく筋肉から
エネルギーを多く取るのに対して


長時間出来る運動は
脂肪からエネルギーを
多く補うので


体形が大きく変わってきます
イメージとしては、

 
筋肉からエネルギーを補うと筋肉に
溜めておいた栄養が減るのでまた補おうと
体が筋肉に栄養を送ります

 
なので更に筋肉が発達して
大きく強くなります


それに対して


長時間行う運動はエネルギー源を
脂肪から補うので


脂肪が無くなっていき
運動量以上の栄養素「食事」
を摂取し続けない限り


体に溜めておいた脂肪から
消費していくので


筋肉ムキムキになることなく
痩せていけると言う事です

 
要は短時間に強い力が
必要な運動は筋肉が付く


長時間出来る運動は
脂肪が優先的に減って


尚且つ筋肉も適度につく。
こんな風に覚えたら覚えやすいです
 

プロボクサーも長時間戦うと同時に
瞬発的な強い力が必要なので脂肪が少なく
筋肉も適度に発達していますよね

 
上手く有酸素運動と無酸素運動を
取り入れれた運動法と言えるでしょう
女性の多くは筋肉よりも脂肪を減らしたいと
 

思う方が多いので脂肪を減らしたいので
あれば有酸素運動が効果的と言う事です

 
無酸素運動で基礎代謝が上がる
 

 

基礎代謝とは呼吸、体温調節と言った
生命を維持するために必要な機能で、
それに伴って消費されるエネルギーの事を

 
基礎代謝と言います。

 
この消費エネルギー量は人によって
大きく異なり、筋肉量や
心肺機能が高い人ほど


基礎代謝が高くなり、
逆に筋肉量が少ない人ほど

 
基礎代謝が低くなり
痩せにくい体になります


なので基礎代謝を高くすれば
痩せにくい体を手に
出来ると言う事です
 

それに必要なのは
無酸素運動が最適と言います


無酸素運動は主に筋肉を
鍛える運動の事を言うので


筋肉量が増える事で
基礎代謝も上がる=太りにくくなる
 

そんな体を手にできるのです
基礎代謝が体のトータルの
消費カロリーの約7~8割を
占めていると言われているので

 
基礎代謝を高める事によって
何気ない行動でも消費カロリーが
上がって脂肪が体に蓄積されずらくなり

 
寝ていてもテレビを見ていても
率先して体はせっせと脂肪を
分解してくれるようになります


その為には無酸素運動で
体の筋肉量を増やして
 

基礎代謝を上げる事は効果的です
また、基礎代謝が上がる事によって
様々な効果が得られます


平均体温が上がりやすくなるため
血行が促進され

 
冷え性の方やむくみの改善にも繋がり
体の隅々にまで酸素や栄養が行き届くので
体が強くなり免疫力が上がり感染症や風邪の

 
予防にも効果的です
なので基礎代謝を上げる事は色々な
健康・美容の面に対して


様々な効果を発揮してくれます
 

 

まとめ
 

 

今回は無酸素運動の事を
ピックアップして書いていきました


有酸素運動と無酸素運動の
効果の違いを理解出来ましたか?

 

・短時間しか継続できなくて
 息が上がる運動は無酸素運動

 

・長時間出来て息が上がらない
 運動は有酸素運動

 

こうやって覚えて置いたら簡単です
なのであなたが何を目的として
ダイエットするのか


体をどんな風にしたいのか
によって運動法も変わります
 

脂肪を落としたいのであれば有酸素運動、
筋肉を付けて基礎代謝を上げたい
のであれば無酸素運動


すると取り組む運動法も
変わってくるので
 

是非参考にしてみて下さい。